Datorama Japan/デートラマジャパン公式ブログ

デートラマジャパンの公式ブログとして、最新事例、ニュースを発信

DatoramaでMarketing Cloud アナリティクスの一段上の活用を実現(パート 1)

 

 Salesforce Marketing Cloudの一員として、 Datorama はメール、モバイル、ジャーニーのメッセージ作成、Social Studio、Interaction Studio、Audience Studio、Pardotの全てを横断したレポート作成を可能にします。

Marketing Cloudが揃える全てのソリューションを通じて、マーケターはカスタマージャーニーのあらゆるタッチポイントで顧客を把握し、パーソナライズし、繋がることができます。

さらにDatoramaなら手元にあるすべてのMarketing Cloudのデータを容易に集約し、ほかのマーケティングデータと統合し、俯瞰できます。

マーケターは、マーケティング施策に関して、一元化されたビューはもちろん、強力なアナリティクス、人工知能(機械学習)によるインサイトを得ることで、企業成長およびマーケティングの効率化を促せます。

最初のステップとして、マーケターがMarketing CloudのデータをDatoramaにシームレスに接続することが必要です。Datoramaは、ファイル形式に関係なくデータを取り込むことができます。このシリーズのパート1では、DatoramaでMarketing Cloudのデータを取り込む5つの方法についてご紹介します。

  1. Datorama Marketplace

 Datorama Marketplace に揃うアプリは、顧客やパートナーの皆さんはプラットフォーム内にすぐに追加可能です。メール、モバイル、ジャーニーなどのメッセージングデータ向けに、Marketing CloudからDatoramaまでのエンドツーエンドのデータ接続を簡単かつ迅速に実現できる、最も簡単な方法です。マーケターはSalesforce Marketing Cloudメールアプリケーションでインタラクティブ分析にアクセスして、全てのMarketing Cloudメッセージングデータの有効性について評価測定をし、Datorama上で視覚化します。

*英語のみ。日本語対応はしていません。ユーザーの方は詳細を担当CSまでお問い合わせください。

 

  1. LiteConnect(ライトコネクト)

LiteConnect は、Marketing Cloudのレポートを活用したダッシュボード作成を可能にします。LiteConnect はMarketing Cloudのコネクタではありませんが、メール、ジャーニー、モバイル、広告などの単発レポートの可視化をサポートします。

LiteConnect Reportは、フォルダー内で時系列に分類・保存することが可能で、データの継続性を担保するために、専用のデータストリームも作成します。

 

  1. Marketing Cloud API Connector

Datoramaは160以上のAPI を用意しています。マーケティング、広告、通常のファイル形式(Excel・CSVなど)に至るまであらゆるデータソースを横断してデータを集約し、データモデルに自動的にマッピングします(マッピングのカスタマイズなどは可能)。Salesforce Marketing Cloud、 Social Studio、そしてPardotのAPIが揃っています。

Marketing Cloud のAPIを通じて、マーケターはメールやジャーニー、SMS、モバイルプッシュ用のメッセージングデータを統合し、可視化や詳細な分析が可能です。コネクタに初めてログインすると、SmartLenses(インスタントダッシュボード)が自動的に作成され、すぐに活用できます。

 

  1. TotalConnect

TotalConnect は、Datoramaの最大の特徴の一つで、様々なデータソースを取り込むことを可能にします。あらゆる種類のマーケティング、およびマーケティングに関連するデータをクラウドやメールなどを通じて取り込みます。日時を指定すれば、自動取り込みも可能となります。もう、「あのデータはアップロードしたか?」と悩む必要はありません。これには、オフラインのTV CMなどのメディアデータや地図データ、製品/販売データ、そしてMarketing Cloudから抽出中のあらゆるカスタムデータが含まれます(APIの自動取り込みに含まれないデータなど)。

特にMarketing Cloudにおいて、 Send Log Data Extensionに加え、トラッキングの抽出や他のカスタムレポーティングの自動化、変換/クレンジング、レポート作成や可視化のための準備が可能になります。TotalConnectは、API Connectorからのデータを補完する、継続的なマーケティングに関するあらゆるデータ取込に利用できます。

 

  1. Data Lake

DatoramaのData Lakeによって、マーケターがDatorama上で使用する、粒度の細かい膨大な量のマーケティングデータの処理が可能になります。 DatoramaのData Lakeは、検索キーワードや広告のインプレッション、その他多数のあらゆるレベルの粒度の細かい大量データの取り込みが可能です。より詳細な分析を促し、マーケティングパフォーマンスの最適化をサポートします。メール送信時の属性、 定期購買に関するKPI、その他のメッセージングの集約に関するレポーティングなどマーケターはMarketing Cloudからの送信ログの抽出や、その抽出データをData Lakeに取り込むことができます。

 

この記事は、アメリカを本拠地とするDatoramaのプリンシパル・ソリューション・エンジニア、Cristina Hernandezによって執筆されました。Datoramaの主要な機能によって、Marketing Cloudをどのように分析して視覚化するかを学ぶには、このシリーズのパート2を参照してください。