Datorama Japan/デートラマジャパン公式ブログ

デートラマジャパンの公式ブログとして、最新事例、ニュースを発信

Datorama Japanが広告代理店向け生産性向上ソリューションを発表

マーケティング・インテリジェンスを提供するDatorama Japan(デートラマ/本社ニューヨーク、CEO:ラン・サリグ、日本法人:東京都千代田区、代表取締役:布施一樹)は広告代理店向けに、生産性向上ソリューションの提供を開始いたします。

マーケティングチャネルやツールは、7年前はたった150程度だったのが、2018年は7000近くと毎年増加しています。

そのため、広告代理店様が担う役割も多様化し、業務の幅も拡大し、取扱うデータ量も膨大になっています。その結果、主な業務のレポーティング・分析・オペレーレーション・データマネージメントの中でも、レポーティングやオペレーションに多大な時間を取られ、最も付加価値を創造する施策改善・PDCA実行のための時間が不足しています。

そこで広告代理店の皆様の業務を、Datoramaがマーケティングデータ収集・統合・可視化・分析までを一気通貫で構築支援いたします。

レポート作成などの「作業」時間を、「考える」時間にすることで、業務効率化から、運用精度や提案のもあげることができ、広告主様に対して、さらなる付加価値提供、そして事業拡大までを支える働き方を可能にいたします。

また予測機能・ゴール設定・アラート送付機能が、配信ミスの検知や予実管理を容易にします。例えば、予め「予算消化ペースのX%を上回る/下回る場合アラート配信する」と設定すれば、ゴール監視とアラート機能がその設定値を超過すると判断した際に、アラートが配信されます。

こうした機能を持つDatoramaでは、創業以来多くの広告代理店様と一緒に多くのダッシュボードを開発してまいりました。

その知見を生かし、今回広告代理店向け生産性向上ソリューションとして、広告代理店の業務で活用できるダッシュボードから経営ダッシュボードまでをテンプレートとしてご用意いたしました。

これらのダッシュボードテンプレートによって、お客様の実現したいダッシュボードのイメージを明確にすることができます。構築支援にあたっては、お客様の抱えている個別の課題や実際に統合したいデータをヒアリングした上で要件定義(画面やデータ設計)を行なっていきます。お見積もりは要件定義に応じて変わりますので個別でお問い合わせくださいませ。

定常的な広告レポート、マージンマネジメント、予算管理など、広告代理店の業務は多岐にわたっているため、それぞれの業務のために膨大なエクセル作業が必要とされています。そこで、Datoramaの提供するテンプレートを活用することで、多くの作業が自動化され、作業時間が「考える」時間に変化し、お客様と向き合う時間が一層増え、一人一人の生産性向上を見込めるようになります。

 

【サンプル】マネジメント層向け/経営ダッシュボード:粗利管理も簡単に

f:id:DatoramaJapan_blog:20180802133106p:plain

 

f:id:DatoramaJapan_blog:20180802133111p:plain

 

【サンプル】運用担当者向け/オペレーション:広告管理用ダッシュボード

f:id:DatoramaJapan_blog:20180712090939p:plain

【サンプル】日別レポートメディア管理(日販管理)

f:id:DatoramaJapan_blog:20180712091454p:plain

f:id:DatoramaJapan_blog:20180712091506p:plain

【サンプル】媒体別レポート  - メディア & 運用管理

f:id:DatoramaJapan_blog:20180712091543p:plain

 

Datoramaならメディアデータから売上データなど、あらゆるデータを一つの場所に統合、一元管理が可能になります。APIが使えないエクセルデータなどもDatoramaの汎用コネクター、Datorama TotalConnectが、エクセルレポートを統合し、メディア横断の一元管理を実現。

さらに、人手を介さないからこそ、コピペミスなど単純ミスもなくなります。データ取込は随時実行されるので、リアルタイムで広告運用の実績を確認しながら、施策の修正が可能。高速PDCAを実現します。

さらに人工知能Genius(ジーニアス)が自動で、各KPIに対して、どのデータどうインパクトを与えているかを分析し、インサイトを提案いたします。

広告代理店の皆様の業務をサポートし、より一層、広告代理店として、広告主様のビジネス貢献が可能になるよう、Datoramaは今後も皆様をサポートしてまいります。

 

Datorama導入メリット:

  1. 業務効率化
  • レポート及び運用業務の省力化による人的リソースの最適化
  • 顧客コミュニケーションの円滑化により創造的なコミュニケーション機会の創出
  • 社内メンバーや他部門とのコミュニケーションの円滑化により効率良いナレッジ共有が可能
  1. ビジネスインパクト拡大
  • 経営管理状況の見える化により事業、部門、サービスごとの数値の把握が容易となり投資判断の迅速化
  • メディア管理の抜本的な質の向上により適切なメディアへの予算配分が可能 
  • 顧客管理が適正かつ容易となり、戦略的に顧客へのリソース配分が可能

 

Datorama Japan株式会社

Datorama Japan株式会社(デートラマジャパン)は2012年創業の米国拠点のマーケティング・インテリジェンス企業Datoramaの日本支社として2015年設立された。世界唯一のマーケティングデータ統合・分析プラットフォームDatoramaをブランド企業、広告代理店、メディア運営会社、マーケティング系プラットフォーマーに提供しています。Datoramaのsoftware-as-a-service (SaaS)型プラットフォームは、数十から数百のデータソースを唯一のデータソースとして統合し、より効果的なレポート作成、さらに、迅速な意思決定を支え、マーケティング活動全体の統合的管理を可能にします。エンドツーエンド・マネジメントと機械学習及び人工知能、高機能なアーキテクチャが組み合った唯一無二のソリューションが、全てのレベルのデータ・ドリブンマーケターたちが、あらゆるマーケティングデータを繋ぎ、統合し、分析し、意思決定することを容易に実現します。Datoramaは数千のトップ企業のマーケティング分析を支え、現在全世界16拠点でビジネスを展開しています。2018年7月16日、Salesforce.comによる買収の最終合意に至りました。

Datorama Japan公式サイト:https://datorama.com/jp/

Datorama Japan日本語公式ブログ:http://blog-jp.datorama.com

 

Datorama Japanお問い合わせ先:

PR/マーケ: keiko.hirayama@datorama.com

営業チーム:jp_business@datorama.com

TEL: 03-5542-1445