Salesforce Datorama/デートラマジャパン公式ブログ

デートラマジャパンの公式ブログとして、最新事例、ニュースを発信

セールスフォース・ドットコム、テレビ視聴データの分析力を強化 ~テレビ視聴データ提供会社2社とDatoramaがパートナーシップ契約を締結~

昨年12月22日にテレビ視聴データ提供会社2社様とのパートナーシップに関するプレスリリースを発表いたしました。
 
セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一)は本日、マーケティングデータ分析力の強化の一環として、テレビ視聴データを提供するTVISION INSIGHTS株式会社(以下、TVISION INSIGHTS)および株式会社エム・データ(以下、エム・データ)の2社と、マーケティングインテリジェンス・プラットフォームであるDatoramaとの間で、データ連携強化を目的としたパートナーシップ契約を締結したことを発表いたしました。Datoramaと2社が提供するテレビ視聴データの連携を強化することで、テレビCMへの投資効果を高めることが可能になります。TVISION INSIGHTSの「アテンションデータ」およびエム・データの「TVメタデータ」とDatoramaはすでに接続検証を実施済みであり、データおよびDatoramaのセットでの提供を本日より開始いたします。

コロナ禍におけるデジタルシフトの加速や、Direct to Consumer(D2C)へのシフトが進む中、テレビCMによるマーケティング施策の結果を正確に評価したいというニーズが増加しています。従来のテレビCMの評価においては、出稿の曜日や時間での延べ視聴率(GRP)による評価が一般的でしたが、これからは、番組ごと、ジャンルごと、秒単位での評価など、より詳細な情報をもとにターゲットにリーチできているかの評価が求められています。さらにテレビCMが本当に視聴者に届いているかという視聴の「質」の分析ニーズも高まっています。この度のTVISION INSIGHTS「アテンションデータ」、エム・データの「TVメタデータ」のDatoramaとの連携強化によって、広告主企業はテレビCMの結果からより深いマーケティング分析が可能となり、テレビCM戦略をより高度にすることが可能となります。

Datorama は2012年にイスラエルで創業され、世界のマーケティング・インテリジェンスをリードするソリューション企業です。世界で3,000社以上のブランド企業や広告代理店のマーケティング分析を支え、2018年からはセールスフォース ・ドットコムの一員としてビジネスを展開しています。

 
エム・データ様とは2017年からTV CONNECT経由での連携をしておりましたが、今回は一層、連携を強化しています。
 
またTVISION INSIGHTS様とは今回初の連携となります。同社が提供する「アテンションデータ」は
顔認識・人体認識アルゴリズムを組み込んだ独自の調査機器を用い、「誰がテレビの前にいるか」「視線がテレビに向いているか」といった「リアルな視聴態勢データ」を取得し、毎秒レベルで判定し、視聴者のアテンション状況をデジタル化したものでテレビCM視聴の質を把握でき、より正確に出稿効果を測定することが可能です。さらに、自社・競合他社を含めての「アテンション量(=アテンションベースでの獲得リーチ量)も把握可能です。こうしたデータとSNSなど他のマーケティングデータとDatoramaで組み合わせることで、マーケティング全体を立体的に見ることが可能となるため、より効果的かつ効率的なマーケティング戦略を立てることができます。
 


今年はTV CMデータとの連携をより強化してまいります!
詳細はぜひリリース本文をご参照ください。
またお問い合わせはお気軽にくださいませ。
 

 エム・データ様との過去のリリース記事と関連記事はこちらから!

blog-jp.datorama.com

 

blog-jp.datorama.com