Salesforce Datorama/デートラマジャパン公式ブログ

デートラマジャパンの公式ブログとして、最新事例、ニュースを発信

コロナ危機におけるマーケティング課題に立ち向かうための羅針盤〜今だからこそDatoramaを使うべき3つの理由

f:id:DatoramaJapan_blog:20200515110203p:plain


世界規模のコロナ危機において、企業のマーケティングのあり方は大きく変換しています。マーケティング施策が大きくデジタルにシフトする状況で、顧客に役立つ最適な顧客体験をどのように創出すべきか。どの施策とカスタマージャーニー、メッセージが本当に顧客に響いているのか。限られた予算の中で、どのマーケティング施策を続け、どれを止めるのか。

Datoramaは、分散している各種マーケティングデータをスムーズに収集・整理し、複数のデータソースを関連付けてマーケティングのパフォーマンスを俯瞰して可視化・分析することができる新しい仕組みとなっています。Datoramaを活用することにより、このコロナ危機においても、マーケティングの最適化を実現し、ビジネスの成功へ向けた活動を継続することができるでしょう。  

当記事では、マーケティングインテリジェンスのDatoramaを活用して、コロナ危機においても、データドリブンマーケティングを強力に推進しているお客様の声をご紹介します。

コロナ危機においてDatoramaが不可欠な理由1:マーケティング効果の最大化

 

f:id:DatoramaJapan_blog:20200514232915p:plain

ダイキン工業株式会社 総務部 広告宣伝グループ 土井 智保子様

「コロナの影響を受けているからこそ、これまで以上に取捨選択が必要で、その時本当にDatoramaが役立つ。リアルタイムで見て、タイムリーに判断して、費用対効果が良くないものはやめて、費用対効果が高いものに投資、限られた予算を効率的に使うにはリアルタイムで勇断する必要があるので、Datoramaをもっと活用していきたい」

 

 

f:id:DatoramaJapan_blog:20200514233310j:plain

ネスレ日本株式会社 媒体統括部 メディアスペシャリスト 小堺 吉樹様

「不確実性の高い状況下において、現状をスピーディーかつ正確に把握し、意思決定をしていく重要性が増している。Datoramaによる広告の配信効率やエンゲージメントのライブモニタリングは、このような状況下においても有効なPDCAを可能にする。いわば、波乱の航海における羅針盤のようなものだと捉えている」

コロナ危機においてDatoramaが不可欠な理由2:リモート環境でもビジネスを継続

 

f:id:DatoramaJapan_blog:20200514233509p:plain

NEC IMC本部 本部長 東海林 直子様

「コロナの状況のため、デジタルマーケティングの期待値はより一層高まっている。一方で予算も限られた中で、マーケティングの効率性をデジタルで正確に見極める必要がある。またワークスタイルとしては、マーケティング部はリモートワークになっている。複数のチームが連携しながら業務を推進するためにもDatoramaによってマーケティング活動をKPIで繋げて整理し、全体を俯瞰することの重要性を感じる」   

f:id:DatoramaJapan_blog:20200514233633p:plain

株式会社LIFULL Marketing Partners ソリューション本部メディア部 

マーケティングG  G長 野間裕登様

「対面での客先訪問が原則禁止となっているなかで、オンラインでの定例会が増えてきている。また、従業員に関しても原則在宅勤務となっており、従前のやり方ではお客様とのコミュニケーションロスや社内生産性の低下が危惧される。

こういう時にDatoramaを導入しておくと、レポーティングに掛ける時間をお客様とダッシュボードを共有しつつ同じ情報を見ながら次の打ち手を考える時間に充てることが容易になり、生産性を下げずに働き方を変える武器にもなっている。コロナ禍の現在だけでなく、アフターコロナのスタンダードとし、より質を向上したサービスを提供していきたい」

コロナ危機においてDatoramaが不可欠な理由3:経営層も含めた急激な変化への対応
f:id:DatoramaJapan_blog:20200514233710j:plain

 

Sansan株式会社 Sansan事業部 マーケティング部 副部長 福永 和洋様

「週次で刻々と社会情勢が変化する中、弊社のマーケティング成果も影響をうけております。平時は部内での成果進捗確認でDatorama は活用させていただいておりますが、現在は経営陣からリクエストのある様々な視点の報告に関してもスピーディーにダッシュボード化し報告するのに活用させて頂いております」

 

Datorama活用を通じて、マーケティング活動全体を俯瞰することで、どのようなマーケティング施策が最も高い実績をあげているのかをリアルタイムで把握することができるようになります。また、リモートワークでも関係者との連携をデジタルでスムーズに行いながら、マーケティング活動を継続することが可能となっています。

今、この不安定なコロナの状況において、企業が顧客とつながるためのデータによる可視化と最適化の取り組みは、この危機を脱するだけでなく、よりスマートなマーケティングを将来にわたって強力に推進しながら、今後の企業成長のための基盤となっていくことでしょう。

 

**免責事項:この投稿は、Salesforceの会社であるDatoramaで継続的に行われている取り組みの一部であり、COVID-19と地球規模の課題とビジネス変革の時代をリードし、管理強化するために役立つコンテンツとリソースをマーケティング担当者に提供しています。 引き続きhttps://datorama.com/jp/をチェックして、マーケター向けのこれら4つの主要な焦点、Datoramaのプラットフォームを活用する方法に関する実用的なヒントとコツ、および私たちのお客様が変化にどのように適応しながらビジネスをナビゲートしているかについての直接的なストーリーについてのシリーズをご確認ください。