人工知能「Datorama Genius」を発表〜マーケティングに特化した人工知能がマーケターの意思決定の迅速化をサポート〜

マーケティング・インテリジェンスのDatorama(デートラマ:本社ニューヨーク、CEO:ラン・サリグ、日本法人・東京都千代田区、代表取締役:布施一樹)は、人工知能(AI)「Datorama Genius(デートラマ・ジーニアス)」を発表致しました。

マーケティングに特化した初のAIとして、様々なマーケティングデータの中から重要なインサイトを自動でユーザーに提示します。Geniusが提案するインサイトに基づき、マーケティング施策の迅速な最適化、次の打ち手作りのスピードアップ実現をサポートします。マーケティングデータ統合エンジンとして、Datorama Total Connect、Datorama Mixに続く、3つめの重要な機能の導入であり、マーケティングに特化したAIとして、マーケティングに焦点を絞り、多種多様なチャネル・プラットフォーム・キャンペーンに対して、マーケターの的確な判断・施策実施、そしてPDCAの迅速化を支えてまいります。

多種多様なタッチポイントで消費者と繋がる現在、カスタマージャーニーなど消費者動向(リーチ、エンゲージメント、コンバージョン、売上など)に関する重要なデータが、無数のソリューションに分散して存在し、さらにそのデータも広告代理店や社内のマーケティング部門、CRMなど顧客情報を管理する部門、それぞれが保有しています。Datorama導入後の調査では、導入1年以内で、大概のユーザーは平均70のデータストリームを接続し、統合しています。潜在顧客の動向をより深く理解するにも、クロスチャネル・キャンペーンの最適化にも、マーケターが膨大なデータの中から、インサイトを見出す必要があります。そのインサイトが、高いパフォーマンスと持続可能な成長を導きます。そのインサイト発見をDatorama Geniusがサポートします。Geniusは膨大なデータを組み合わせてインサイトを導くので、従来とは違う組み合わせにより、見えなかったインサイトを浮き彫りにし、新たな気づきをもたらします。

 Datoramaが全てのマーケティングデータを自動的に統合し、Datorama Geniusが現在から将来へと通じる予測、インサイトをマーケターに提案し、皆様のビジネス判断をサポートしていきます。

マーケティングデータの統合・分析・インサイト提案の自動化は、PDCAの迅速化をもたらし、ひとつひとつのマーケティング戦略及び運用面のKPIの素早い調整を可能にし、マーケティングパフォーマンスの向上に寄与します。さらに、今までにないスケールで的確な意思決定を可能にします。レポート作成作業はもう終わりにしましょう。全てのデータを自動的に可視化し、誰もが手軽にデータを見て、共有できるようにし、Geniusが提案するインサイトを通じて、事業の成長を促すマーケティング全体の最適化の方法を検討していく、そうした将来をGeniusは目指していきます。

 Datorama Geniusは社内外に散在するマーケティングデータからインサイトを導きだします。「キャンペーンXのパフォーマンスはどうなっている?」という問いかけはもう不要です。これからは、「このキャンペーン最適化のために見るべき地域トップ3はどこ?」という次の打ち手作りに向けた問いかけから始まります。無数の単なる問いから行動に繋がる問いへのシフトは、現代のマーケティングのプロたちの意思決定するための次なる一歩です。

 例えば、企業のチーフ・マーケティング・オフィサー(CMO)がDatorama Geniusを活用して、マーケティングのROI(MROI)の向上を図ることが可能となります。なぜなら、Datorama Geniusでどの地域、製品、事業部門に注力すべきか/しないべきかを正確に把握できるからです。デジタルマーケターがCPAの改善策を模索中なら、Datorama Geniusで、どのキャンペーン・チャネル・オーディエンスの組みわせがコスト増加・減少を生じさせるのか、的確に理解することができます。そこから実績が良くかつCPA改善に貢献する最適な組みわせを選択し、施策を実行できます。マーケティング分析なら、Geniusがキャンペーン/ウェブサイト/クリエイティブが、部門の広告投資のROIにどう影響しているのか、サイトのコンバージョン(売上)にどう貢献しているか理解する助けとなります。

 Geniusは簡単に使える専用インターフェイスを持ち、ビジネスユーザーたちが使う指標に合わせて設計。最初にDatoramaのAIと機械学習機能が、KPIに影響を及ぼす数千にのぼるマトリックスやディメンジョンの組み合わせを統合。次に、GeniusのInsights Bots(インサイトボット)が最も重要な最適化の指標(Optimizaiton Paths)のセットを提案。その指標は、可視化はもちろん、ユーザーが深掘りし、ダッシュボードや関係者と共有可能です。こうした最適化の指標は、異常値検出といったレベルに止まりません。マーケティングパフォーマンスがどこで変化するのかといったより深いインサイトを提示します。Geniusが新たなインサイトを得た場合、自動的にDatorama上の通知フィードやダッシュボードに表示されます。Geniusは学習し続けるので、自らが提案したインサイトとユーザーとのアクションを学び、時間とともに一層賢くなっていきます。

「私たちの目標はできうる限りビジネスパフォーマンスを向上させることだ」と話すのはiProspectのデータインテリジェンス・ヘッド、トム・ホワイト氏。「パフォーマンスのインサイトを一目で理解できるDatorama Geniusは私たちのビジネスを支える大切な機能だ」と同氏。

Datorama Geniusは

  • 異常値検知に止まらない、深いインサイトと最適化指標を提案マーケティング施策に関する膨大なデータソースの中からピックアップ。
  • インサイト発見のプロセスを自動化数時間・数日にわたるインサイト探しの時間を数分に短縮。ダッシュボードやレポートに基づく従来の問いから得る知見ではなく、それを超えたインテリジェンスを提示
  • マーケティングインサイトを理解し、共有し、発展させる自動的に可視化し、自然言語による文章作成、ダッシュボードへの共有機能、ダッシュボードへの自動アラート、そして、ユーザーの行動の学習機能
  • 全てを管理マーケターは重要なKPIを選び、そのKPIに関するインサイト提案の自動化が即座に可能。一切の技術やデータ準備は不要。

 「マーケターは今までにない、早いペースでビジネスを進めなければいけない状況です。AIが可能にするマーケティングの未来については、長年この業界で俎上に載っていましたが、マーケターが求めるような形、あらゆるマーケティングデータを横断してのAI導入は実現していませんでした」と弊社CMOのリア・ポープ。「Datorama Geniusは、マーケティングデータの活用・分析に全く新しい地平を切り開きました。準備も含めた分析に当てる大量の時間を削減し、あらゆるデータを横断して、自動的に正しいインサイト得るためにより多くの時間を使えるようになります。それ以上に、最適化の指標・道筋が手元にあるので、すぐに次の打ち手作りが可能になり、マーケティングパフォーマンス向上を容易にするのです。Datoramaのプラットフォームが提供するインサイトは、マーケティング担当者やステークホルダーがより一層的確な意思決定を下すのを支え、またデータドリブン・カルチャーの拡大をサポートしていきます。マーケターの働き方を将来的に変えるような、ゲームチェンジングなDatorama Geniusの導入をぜひ、皆様に実感していただきたいと思います」。

 

Datorama Geniusでは、重要はKPIに関して、前週比・前月比・前期比など様々な比較軸で自動的にインサイトを提供

f:id:DatoramaJapan_blog:20170524110721p:plain

 

さらにKPI同士をその場で組み合わせて、データを深堀りし(上図)、その結果を本来のダッシュボードに自然言語で表示(下図赤枠内)。一目で重要なポイントがわかるので、次の打ち手作りが迅速にできます

f:id:DatoramaJapan_blog:20170524110731p:plain

f:id:DatoramaJapan_blog:20170524110735p:plain

 

Datorama上でのサービス開始日:6月中旬以降順次導入

*ユーザーの皆様、ご質問は各担当CSへお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

Datorama Japan株式会社

Datorama Japan株式会社(デートラマジャパン)は2012年創業の米国拠点のマーケティング・インテリジェンス企業Datoramaの日本支社として2015年設立された。世界唯一のマーケティングデータ統合・分析プラットフォームDatoramaをブランド企業、広告代理店、メディア運営会社、マーケティング系プラットフォーマーに提供しています。Datoramaのsoftware-as-a-service (SaaS)型プラットフォームは、数十から数百のデータソースを唯一のデータソースとして統合し、より効果的なレポート作成、さらに、迅速な意思決定を支え、マーケティング活動全体の統合的管理を可能にします。エンドツーエンド・マネジメントと人工知能、機械学習及び高機能なアーキテクチャが組み合った唯一無二のソリューションが、全てのレベルのデータ・ドリブンマーケターたちが、あらゆるマーケティングデータを繋ぎ、統合し、分析し、意思決定することを容易に実現します。Datoramaは数千のトップ企業のマーケティング分析を支え、現在全世界16拠点でビジネスを展開しています。最近では従来のAPIに加え、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)やマルケト、シミラーウェブとのAPI接続を開始しています。

Datorama Japan日本語公式ブログ:blog-jp.datorama.com

 

Datorama Japan問い合わせ先:

平山惠子 (ひらやまけいこ)

Datorama Japan株式会社

PR/マーケティング・スペシャリスト

TEL: 050-3757-6914

Email : keiko.hirayama@datorama.com

Datorama Geniusに関するお問い合わせも上記で承っております。

 

お問い合わせはこちら