成長率5000%以上!デロイト・テクノロジーFast500で35位にランクイン!

f:id:DatoramaJapan_blog:20171113071911p:plain

Datoramaがデロイト北米のテクノロジーFast50035位にランクインしました!

このランキングは北米全体からテクノロジー、メディア、情報通信、ライフサイエンス、エネルギー技術関連企業の中で、4年以上の事業実績があり、かつ高い成長率を持つ企業の中から選ばれます。

Datoramaは2013年〜2016年で5,149%の驚異的成長率で、2017年度テクノロジー Fast 500で35位に選ばれました。

デロイト・イスラエルのライジングスターに2015年、2016年と連続選出されたのに続く、大きな快挙です。何より今回は北米と、スタートアップがひしめく中での35位!

「Datoramaを創業した時、人工知能(AI)を活用したマーケティングソリューションはまだありませんでした。マーケターが日々直面するデータ分析などの課題を解決しようとする私たちの前には真っ白なキャンバスが広がっていました。私たちは常にマーケターを支え、ユーザーの皆さまの成功を実現すべく努めています。私にとって、数千にのぼるマーケターがDatoramaを使っていること、マーケターの皆さんに対する私たちのコミットメントが市場に認められたことを意味します。創業以来の素晴らしい軌跡の中での一つのマイルスートンと言えるでしょう。何よりもDatoramaチーム全体に感謝したいです。チームの力なしに、2017年度テクノロジーFast 500に選出されることも、ベストなテクノロジーを作り上げることもできなかったでしょう。心から感謝します」とDatoramaの共同創業者兼CEOのラン・サリグは喜びの言葉を述べています。

テクノロジー Fast500とは

Fastは、上場・非上場に関わらず、メディア・情報通信・ライフサイエンス・エネルギー技術に関連する急成長企業を収益(売上高)に基づく成長率でランキングし、顕彰するプログラムです。Fastランキングは、企業の成長性や成功を知る上でのTMT業界におけるベンチマークの役割と業界全体の高揚を目的とし、受賞企業の知名度の向上やネットワーク構築、ビジネスチャンスの拡大等に貢献します。

Fast 500は、国際会計事務所組織 デロイト トウシュ トーマツ リミテッドが、TMT業界の急成長企業を、世界3極(アジア太平洋地域、北米地域、EMEA地域)の地域レベルで顕彰するプログラムです。
北米地域では1997年から、EMEA地域、アジア太平洋地域では2002年より実施しており、日本は初年度から参加しています 。ランキング基準は、過去3決算期(北米地域、EMEA地域は過去4決算期)の収益(売上高)に基づく成長率としています。 

2017年度デロイト北米Fast 500の詳細は下記で(英語)チェック。

www2.deloitte.com