「宣伝会議」8月号に弊社石戸のインタビューが掲載されました

f:id:DatoramaJapan_blog:20170703075533j:plain

 

f:id:DatoramaJapan_blog:20170703075556j:plain

「宣伝会議」8月号(7月1日発売)に弊社セールスディレクター/ビジネスデベロップメントの石戸のインタビューが掲載されました。

「BIツールで『データ』の民主化』を推進」と題して、データ活用に重要なのは、ビジネスインパクトの大きい領域からはじめていくこと、そして、データ統合を通じて、CMO、経営層、マーケターが同じデータを共有すること、つまりデータの民主化を通じて、Datoramaが働き方改革へ貢献できるなど、Datoramaを媒介にして、何が実現できるのか、そうしたお話をしています。

「非生産的な業務を効率化し、人にしかできないクリエイティブな業務に集中できる環境づくりに貢献することができるのが、デートラマ。日本の広告界では近年、働き方改革が叫ばれているが、私たちが貢献できることも多いのではないかと考えている」と話す、石戸の思いはDatorama全員の思いでもあります。ぜひ、社内や書店でお手にとって、一読いただけると幸いです。