Datoramaは5周年を迎えました

f:id:DatoramaJapan_blog:20170619074628j:plain

Datoramaは2017年6月15日、創業5周年を迎えました。 

2012年にイスラエルのテルアビブで創業し、現在は本社をニューヨークに移し(引き続きR&D組織のエンジニアは皆イスラエルにおります)、2017年6月15日で5周年を迎えました。そして日本支社に関しましても、創業から約2年半の月日が経ち、これはひとえに支えていただきました皆さまのおかげです。

日本は広告市場世界第3の大きなマーケットであり、弊社CEOのRan Sarig(ラン・サリグ)も日本には非常に高い期待をしており、開発などにおける日本市場の優先度を高く設定しております。

昨今、マーケティングの施策が乱立し、関わるパートナー様も増え、大きな投資をしている広告・CRM・データ、そしてそれらの施策と相関してもっとも重要な売上のデータがまとめて見れない状況を多数お聞きします。テクノロジーの進化が便利にしている部分もありますが、ブラックボックス化や業務の生産性を下げている現状を目の当たりにします。

Datoramaとしてはこの業界課題に向き合い、広告主様、代理店様、メディア企業様、データプロダイバー様、テックベンダー様、マーケティングに関わる皆様の発展に貢献できる様なソリューションをこれからもお届けしてまいりたいと考えています。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

お問い合わせはこちら