日経BizGateの連載「デジタル変革マーケティング」で弊社ダッシュボードが登場

f:id:DatoramaJapan_blog:20170321054813p:plain

日経BizGateで連載中の「デジタル変革マーケティング〜なぜ今、ダッシュボードが必要なのか」に弊社ダッシュボードが登場しました。

bizgate.nikkei.co.jp

 「リアルタイムな運用ができるようなKPIが決まっていて、まずはそれを時系列で競合との比較で日々把握しているだけで、データの変動の中から何か手を考えることができます。デジタル変革時代の「高速PDCA」は、このように、プランニングも、アクションも、全てリアルタイムにデータ(KPI)が見られる身軽な状態から生まれてくるものです。

 こうした理由から、データドリブンなマーケティングを行うにあたって、データソースとダッシュボードがライブ接続されていて、データを取ってきてからレポートを出すまでの間、できるだけ人手を介在させないように作業工程を半自動化することは、リアルタイム性の実現において大変重要になってきます」として、リアルタイムに、マーケティングデータを集約・一元管理し、迅速に分析可能なダッシュボードとしてDatoramaが例として紹介されています。

 そして、Datorama導入をお勧めしたいもう一つの側面も強調されています。つまり、従来の人手によるレポーティング作業により「データに人が縛られて、精神的に摩耗していくことに繋がり」、結果としてデータ活用ができない現状です。そこで、

「データの管理や加工に伴うオペレーション業務をシステムにより自動化・省力化し、リアルタイムのモニタリングに向けて労働集約の状態を脱却する。それを実践するために、マーケティングダッシュボードを導入して、人が育つ仕組みを用意することはデジタル変革の中で初期に手がけるべき優先度が高い取り組み」と指摘されています。

働き方改革が政府主導で叫ばれる中、マーケティングダッシュボードの導入は、データ集約・分析・レポーティング作業を容易にするだけでなく、生産性の向上、ワークライフバランスの向上に大きく貢献できます。

テクノロジーの導入は、とかく、作業の自動化の面など機能的な面にフォーカスが当てられがちですが、何よりも、一人一人の働き方改革を促す機会ということが、この連載を通じて伝わると嬉しいですね。

 

この連載は、以前下記のポストで紹介したデジタルインテリジェンスの横山・内田両氏の著作「デジタル変革マーケティング」の一部です。

blog-jp.datorama.com