読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Product Update】Googleサーチコンソールと連携

f:id:DatoramaJapan_blog:20170213054610j:plain

 

DatoramaGoogle Search Console(サーチコンソール/旧Google Webmaster Tools)とのAPI連携を開始いたしました。

サーチコンソール・コネクターを通じて、自社サイトのGoogle検索結果でのサイトパフォーマンスをDatorama上で他のデータと統合することで、自社SEOの効果測定・評価をより効果的に行うことが可能となります。ページ、キーワード、使用デバイスごとのレポートを一元管理し、俯瞰し、様々なデータと組み合わせて、様々な分析が可能となります。これはサーチコンソール単体では実現不可能なことです。また、サーチコンソールのデータ保存は最大90日間ですが、Datoramaに統合すれば、そうした制約はありません。昨年同期比・昨対・四半期ごとなど、お好みの期間でデータを抽出し、分析できるようになります。

Datoramaでは、キーワード、検索順位、インプレッション数・クリック数などの項目を自動的にマッピング。項目の追加も自在です。なによりも、こうしたデータは、Googleの検索結果ページから直接Datoramaに取り込まれる仕組みです。長年SEOでは見えにくかったデータが見えるようになります。

AdWordsGoogleアナリティクス、SEOのデータを統合し、横断して、俯瞰的にキーワード分析が行えるようになりました。

例えば、ひとつのキーワードに絞り込んで、有料とオーガニックのアトリビューションを取り出し、自社サイトにどれだけのトラフィックを生んだかを分析できるようになりました。Googleアナリティクスから自社内部サイトの検索データを追加することも可能です。

また、多数のブランド関連キーワードの検索頻度を監視することで、ブランド認知度の大幅な向上を実現することも可能です。さらに、それぞれのキーワードから流入した人が、サイト上でどういった行動をとるのかを理解することも可能にします。

検索行動は、ユーザーが真に何を求めているのか、そのニーズを照らし出します。または、いつ求めるものを見つけられなかったのか?その離脱ポイントを特定し、コンテンツ、もしくは、CTAに関連する検索ワードを修正・改善することで、コンバージョン率を高めることができるでしょう。

サーチコンソールとの連携を通じて、Datoramaはキーワード分析、そしてマーケティングデータ全体の分析がより一層効率的になることをサポートしていきます。

サーチコンソール連携に関するお問い合わせはjpoffice@datorama.comまでどうぞ。