IT Media Marketingで連載第2回目の記事が掲載されました

IT Media Marketingで、DatoramaのCSO(チーフ・ソリューション・オフィサー)のカトリン・リバンの第2回連載記事「テクノロジーの理解がマーケターのキャリアを左右する」が掲載されました。

今回は、現代のマーケターが生き残っていくには何が必要かという視点からお話しています。

marketing.itmedia.co.jp

 

拡大の一途をたどるマーケティングテクノロジーを十分理解し、使いこなすことが、マーケター生き残りの必須条件となりつつある今。なぜ、テクノロジーの理解なくしては、生き残れないのでしょうか。

デジタルメディアとソーシャルネットワークの発達により、1対1の体験を提供することが可能になったため、カスタマーエクスペリエンスの強化など、従来のマーケティングの範ちゅうに含まれていない業務の統括管理が、新たにマーケティング部門の職務として組み入れられています。

一方で、マーケティングテクノロジー分野は拡大の一途をだとり、マーケティングテクノロジーをうたった製品がコンポ―メントごとに市場にあふれ、全く新しいデータソースが日々ネットに登場している現在、マーテク分野は複雑な状況を呈しています。

つまり、マーケターとして、CMOとして、営業や顧客管理という新たな職務を担いつつ、複雑なマーケティングテクノロジーを十分に理解しなければ、苦難の道が待っている状況になっています。

「多大な予算と時間を投じ、幅広い専門知識を集めて、関係部門が強力にタッグを組み、費用対効果の高いマーケティング戦略を遂行しなければならない。さもなければ、膨大な資金と貴重な時間を無駄にし、経営陣から責任を問われることになるだろう。つまり、自分のキャリアと運命が掛かっているのだ。

まさにそれが、マーケティングテクノロジーを理解することが、マーケターのキャリアを左右するという理由である」

企業と顧客との1対1のコミュニケーションが可能になった現代だからこそ求められるマーケターの資質とは。その理由をお伝えしています。

ぜひご一読を。

 

マーケティングデータの山、膨大なエクセルでのデータ統合作業に頭を悩ましているみなさん、いますぐダウンロードを!

20160926121006